スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

茨木童子?

角と爪で平安の鬼ごっこです。

7-134.jpg

レイズナーでずっとやりたかったのですが、数年前に作った角が引越の時に行方不明になったのと、爪を作るのが面倒でそのままになっていました。
角は今回マグネット式で新たに作り、着脱が簡単でしっかり取り付けられるので便利になったのですが、粘土の選択を間違ってました。^^;
乾いてもほどよいしっとり感の残る樹脂粘土を使ったので(そんな特性、すっかり忘れてた)、乾燥後に削って形成するつもりだったのができず、もったりした角になってます。ガーーン
もっとシュッとした角にしたかったのにぃ。(T_T)
普通の紙粘土買ってこよう。

7-135.jpg

7-136.jpg

7-137.jpg

ウィリムズもちょっと頭をよぎりましたが、彼はなんとなく私の中では洋装担当なんです。
彫りが深くはっきりしている顔立ちだからかな。
でも鬼の起源はロシア人という説もあるので、本当ははまり役なのかもしれないです。

妖狐、鬼と続いたら、次はなんだろ。  
河童?天狗?
天狗はイラン系という説があるので、今度こそウィリアムズかな。
鼻的にも。(そういうオチかいっ)

角なら役小角ごっこにも使えそうです。
17サイズの前鬼と後鬼を従えて、13かGrの役小角も楽しそう。
こうやって妄想している時が一番楽しいです。(笑)

7-138.jpg
[ 2010/07/19 ] レイズナー2 | TB(-) | CM(4)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/20 01:03 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
メールも有り難うございました~~。
そういえば言ってましたね、そういう台詞!(^・^)
これからも楽しみです。
おすすめも有り難うございます。早速観てみます~。

酒呑童子も超美形だったらしいですね。(日本の伝説っていいですねーー。^m^)
どっちにしようか迷ったのですが、そっかツーショットにすれば良かった!
役の小角にも反応いただけると思わなかったので嬉しいです~。
私もその時代は好きなんですが、付け焼刃の知識しかないので、○さんに色々教えていただきたいです。
葛城山周辺にお住まいになっていらっしゃったなんて、なんとロマンティックな!
京都だけでなく、周辺の山々などにも、歴史伝説の土地巡りがしたくなってしまいました。

ウィリアムズのヤギ角悪魔のリクエストも有り難うございます。
爪を作っていた時に、黒だったら悪魔だな…と思っておりました!
花車と氷華の大天使も憶えていてくださって嬉しいです。
その3ショット、いつか必ず実現させたいです。楽しそう~~。

> それも短時間でパパッと仕上げてるイメージです!
ハハハ、だから爪もそれぞれ違う形になっちゃってますのよ~~。(^^ゞ

[ 2010/07/20 18:49 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/22 00:03 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
楽しんでいただけたようで良かったです~~(^^)
> 茨木童子というと、喜多尚江の「銀のトゲ」
早速調べました!ら、絵も可愛いし凄く面白そうですねーー。
全然知らなかったので読むのが楽しみになりました。
日本の民俗学は面白いので、また何かモチーフにして撮影してみますね。

> やっぱりウィリアムズが酒呑童子かなぁ~。
> 天狗もいいですね。
私もです。
ウィリアムズは鼻のイメージ強いので、酒呑み=赤い鼻、天狗=大きな鼻でウィリアムズを連想してしまうのです~(^^ゞ
実際の人間と比べると全然大きくはないのにね。
[ 2010/07/22 23:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

akira

Author:akira

Recommend
コンパクト防塵...

コンパクト防塵...
価格:1,890円(税込、送料別)

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。