スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

簡単ショートアレンジ

そういえば初めて作った羊毛ウィッグがあったけれど、
アレどうしたかな~とゴソゴソ探して見つけ出してきました。
当時はまだイベントなどで気軽に買うことはできず、
オークションでたまに出ても高嶺の花状態だったので、
仕方なく自分で作りましたが、この汚い色が嫌いでお蔵入り。
でも久しぶりに見たら、結構いいじゃん?
以前はピンクなど明るい色が好きだったのですが、好みって変わるものです。

6-152.jpg

これはうしろが少し長くなるよう作りましたが、リボン1つで簡単にショートにチェンジできます。

まず、後で一まとめに縛ります。(毛先に近い場所がいいです)
そのままリボンの両端を両側から頭頂部に持っていき縛ります。
その際、最初に縛った部分を襟足にたくしこんで
見えないようにしてしまいます。

6-153.jpg

真後ろから見るとちょっと変ですが、前からならあまり違和感なく
ちょっぴり短くなるので、カットせずにショートヘアにチェンジできます。
お試しあれ~。


↓本の話
先週末の世界ふしぎ発見を見て再読したくなった本。
「黎明の王と白昼の女王」
三部構成ですが、好きなのは第一部です。
あと、ヤングアダルト向きですが「妖精王の月」も思い出した。
今度実家に戻った時に持ってこよう。
[ 2009/07/08 ] wig | TB(-) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/07/11 00:53 ] [ 編集 ]
Re: その本は…
そうでしたそうでした!きたのさんでしたよね!
私も大好きなんです。
多分お持ちのその一冊の中に三部とも入っていると思います。
一部はノルタルジック調ファンタジーだったんですが、どんどんSFチックになっていったので、
どちらもお好きならきっと楽しめると思います。

羊毛ウィッグは、革さえあればボアウィッグと同様に作ればいいのですよーー!
毛を切らないようカットすることだけ注意して。
ただ、下送りだけの家庭用ミシンではずれてしまって難しいので、手縫いがいいかもしれません。
革もはぎれで充分ですし、人間用のファーをほどいて使っても~(^^)v
これも人間用のファーを利用したんですよ~。
[ 2009/07/11 18:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

akira

Author:akira

Recommend
コンパクト防塵...

コンパクト防塵...
価格:1,890円(税込、送料別)

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。